ページビューを調べる

FACOM100

富士通信機製造(のちの富士通)が1954年10月に開発した国産初の実用リレー式計算機。約4500個のリレーで構成され、回路制御は非同期方式、プログラムは60単位の紙テープを読み取って実行し、繰返し使用するプログラムは不燃性フィルムを使用した。浮動小数点方式を採用し、加減算0.35秒、乗算1.8秒、除算5.0秒だった。

自己チェック機能を採用し、演算の過程で計算結果に誤りがあった場合、再度演算をやり直し、もし2回目も誤りであれば機械が自動的に止まって表示灯に故障個所が明示された。大きさは畳24畳分と巨大だったため移動できなかった。

湯川秀樹博士から依頼された多重積分計算は人手で2年かかるとされたが、このマシンは3日で完璧な答えを出した。