ページビューを調べる

ま/マ

マンハイム計算尺

19世紀末にドイツで作られた計算尺。スコットランドのジョン・ネピアが考案した対数対照表の早見具「ネピアボーンズ」を改良した。日本のヘンミ計算尺の原型となった。

Magnetron(マグネトロン)

発振用真空管の一種で、磁電管とも呼ばれる。マイクロ波を発生し、レーダーや電子レンジに使われている。 最初の発明は1921年、発明者はアメリカのアメリカのアルバート・ハル (Albert Hull) とされている。これを発展させたのは1927年当時、東北帝大の助教…