ページビューを調べる

フレデリック・テーラー Frederick Winslow Taylor/1856.3.20〜1915.3.21

法学を志してハーバード大学に入ったが、目の病のため学業をあきらめて鉄鋼所の工員になった。機械工、組長、職長、保全職長、設計室長、技師長を経るまでの間、夜学で大学を卒業した。 のちベツレヘム鉄鋼所の顧問などを歴任し、独自に編み出したのが「テーラー・システム」である。 日本では大正デモクラシーによる労働運動の高まりに適応する経営手法として取り上げられ、第二次大戦後の日本の産業界における労使協調を基盤ともなった。

フレデリック・テイラー - Wikipedia