世界最初のオンライン・システム

一般には1964年10月に稼動した東京オリンピックの競技記録速報システムとされる。しかし厳密には東京オリンピックが世界初ではない。国内では1963年に国鉄近畿日本鉄道が実験的なシステムを稼動させていた。

ただし東京オリンピックのシステムは、複数個所にまたがって競技種目ごとに異なる集計方法を取り、しかも即時処理を行うなど、のちのオンライン・リアルタイム処理につながった点で特筆すべきシステムだった。