ページビューを調べる

紫(むらさき)

大日本帝国第二次大戦前の日本)が外交交渉などに使っていた暗号。

ワシントンで野村=ハル会談が続けられていた1941年の早い時期にアメリカ情報部に知られ、「パープル」と名付けられた。太平洋戦争の口火を切った日本軍によるハワイ真珠湾奇襲攻撃が宣戦布告前になったのは、駐ワシントン日本領事館での暗号解読に時間がかかったためだったとされる。