ページビューを調べる

PDP-8

ディジタル・イクイップメント(DEC)社が1967年に製品化した12ビットコンピュータ。初めて演算素子にICを使い、プライス・パフォーマンスを大幅に向上した。最小4キロワード(最大32キロワード)のコアメモリを内蔵し、演算速度は1.5マイクロ秒だった。1960年に製品化した18ビット機「PDP—1」と比べ、演算速度は約3倍に向上していたのに、価格は1万8000ドルで約7分の1に安くなっていた。